脱毛防止シャンプー821個の中で、817個が実際保健当局の臨床試験基準値以下

시크뉴스 포토

脱毛防止シャンプー821個の中で実際保健当局の臨床試験基準を通過した製品はたった4個に過ぎないことが明らかになった。

国会保健福祉委員会所属ムン・チョンニム セヌリ党議員が14日食品医薬品安全処(以下食薬処)に提出させた資料によれば、医薬外品の中で許可受けた脱毛防止シャンプー821個の中‘養毛剤効力評価試験法ガイドライン’と呼ばれる新薬処臨床試験を通過した製品はたった4個に過ぎなかった。

該当4つの製品は、リョジャヤンユンモシャムプ液、アレイチシャムプ液、花をもつ男RGⅢヘアーロスクリニックシャンプー液、ダモエテラピーゴールドシャンプーだ。

臨床試験基準である‘養毛剤効力評価試験法ガイドライン’は脱毛防止および薄毛防止機能の効能を評価する試験法を標準化した指針が2009年11月に指定された。

ムン議員は脱毛防止シャンプー大部分が該当臨床試験を通過できない医薬外品許可と臨床試験が直接的に連結されていないためだと分析した。 既に医薬外品の中で許可受けた脱毛防止シャンプーと有効成分および規格などが同一な場合、臨床試験を受けなくても脱毛防止シャンプーと認められることができる規定があるという説明だ。

また、“脱毛防止シャンプーは脱毛防止または、毛髪の太さ増加という明らかな機能がなければならないが、食薬処が既存の動物実験や外国文献だけ提出すれば、その効能を認め無分別に許可し、これらを使う国民が不明な効果にも高値を支払うことになるなど被害を被りかねない”として“食薬処は臨床試験基準を満足しないまま許可を受けた脱毛防止シャンプーに対して必ず再評価しなければならない”と指摘した。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here