【インタビュー】ドラマ「ピノキオ」主演のイ・ジョンソク、「大人のおとぎ話のようなとても優しいドラマです」 2月2日DVDーBOX2発売

●YZIN1064(s)_R

 

ドラマ「君の声が聞こえる」「ドクター異邦人」などの活躍で、今や“新韓流四天王”として人気を博すイ・ジョンソク(26)と、「美男<イケメン>ですね」「相続者たち」など数々の大ヒット作でおなじみパク・シネ(25)。今最も旬な2人の共演と、さまざまなジャンルを絶妙にミックスして人気を博し、SBS演技大賞では特別賞(イ・ジョンソク)、中編部門最優秀演技賞(パク・シネ)をはじめ5冠を達成した話題作「ピノキオ」のDVD―BOX2が2日、発売された。本作で、過去の事件から家族を失い、助けてくれた老人の息子ダルポとして生きる道を選んだハミョンを演じたイ・ジョンソク。パク・シネとは文句なしの相性で、爆笑ものの掛け合いから、一途に思いあうロマンス演技で人気を博し、役名の頭文字から「ダーリンカップル」と呼ばれて愛された。そんなイ・ジョンソクのオフィシャルインタビューをお届け。

 

自身の癒しにもなると思い出演

――「君の声がきこえる」のパク・ヘリョン作家と、チョ・スウォン監督作品に再び出演となりましたが、出演を決めた時の気持ちはどんなでしたか?

「出演を決めたのは、パク・ヘリョン先生とチョ・スウォン監督への信頼が大きかったからです。初めて台本を読んだ時は、さすがパク・ヘリョン先生だな、と感動するぐらい素晴らしい台本でした。パク先生ならではの、ディテールまで緻密に錬られた台本で、物語がとても生き生きしていました。パク先生とチョ監督をただ信じてついていけばいいので、よりリラックスして演技だけに集中し、ダルポという青年に入り込むことができました。前作(「ドクター異邦人」)の撮影が終わったばかりでしたが、良い作品、素晴らしい方々と一緒に仕事ができることが、自分自身の癒しにもなると思い、出演を決めました」

――撮影を終えて、振り返ってみていかがですか?

「素晴らしいドラマに出演できて、僕自身が癒されました。とても優しい作品なので、視聴者のみなさんとっても、大きな癒しを与えてくれるドラマになったのではないかと思います。パク先生やチョ監督、そして共演者の皆さんのおかげで、撮影は体力的には大変でしたが、精神的には幸せでした。ダルポとハミョンを通して思いっきり泣きましたし、ドラマが進むにつれて、ますます感情移入することができました。韓国国内でも海外でも、多くの視聴者の方から好評だと聞いて、さらにうれしいです」

新しいイメージの構築に悩んだ

―アッシュダルポ(=ハミョンは、どのように役作りをしましたか?

「ダルポ(ハミョン)は前作『ドクター異邦人』のフンのように、話し方や行動に大きな特徴があるキャラクターではないので、いろいろ悩みました。先生が描いたダルポをそのまま描きだそうと努力しました。台本にはひょうたん頭(マッシュルームカットみたいな髪型)やぼさぼさ頭と書かれていたので、ひょうたん頭も、ぼうぼう頭もいろいろやってみて、新しいイメージを構築するのに悩みました。 『君の声が聞こえる』チームが再び団結したと注目されているので、外見的な部分でスハとは違う姿を見せなければと思っていました。最終的に、より粗雑な感じのするぼさぼさ頭のかつらが選ばれました。ひょうたん頭のかつらは、あまりにも可愛らしくまとまってしまうという評価で、あえなく脱落でした(笑) 実際、ぼさぼさ頭のかつらをかぶって演技するのはちょっと大変でした(笑)」

――イ・ジョンソクさんご本人と似ている点と違う点を教えてください

「ダルポ(ハミョン)とは僕はあまり似てません。彼ってすごく童話みたいな人物じゃないですか。憎んでいるはずの敵まで愛してあげて、敵が自ら反省するようにしてやったり。僕と違うという点が、僕がダルポを愛した理由でもあります」

sub4●6M5A0100(s)_R

――パク・シネさんとのラブシーンについて

「チョ・スウォン監督がラブシーンに力を入れる方で、できる限り美しいシーンになるように、と考えながら撮影しました。最初の“食パンキス”の撮影こそ、恥ずかしくてぎこちない撮影でしたが、でも映像になると、とても美しくて、きっと視聴者の皆さんもトキメキを感じて頂けそうだなと思いました。また、個人的にはイルミネーション輝く雪の中、イナとハミョンがお互いの気持ちを確認してキスをするシーンも気に入っています。パク・シネさんと2人で、どうすれば視聴者の方々にときめく気持ちを感じていただけるか、たくさん話し合いました。もっとこうするのがいい、この角度から回り込むのがいいかもしれない、と研究して、ふたりとも、撮るたびにすぐモニターに走って行って熱心にチェックもしました」

――最後に日本のファンにメッセージをお願いいたします

「こんにちは。日本のファンの皆さん。ご無沙汰しております。イ・ジョンソクです^^日本でも『ピノキオ』が放映されるとしてとても嬉しいです。素晴らしいドラマですので、日本のファンの皆さんにも自信をもってお薦めしたいドラマです。少し重いテーマも含まれていますが、大人のおとぎ話のようなとても優しいドラマです。『ピノキオ』を見て本当に暖かい、癒しを感じていただけたら思います。楽しくご覧下さい。近いうちにお会いできたらいいですね!また会いましょう!その日まで幸せに」

 

pinokio_box2_obi5_R

「ピノキオ」 歪曲報道により父に汚名を着せられ、家族も失った少年ハミョン。ある島に流れ着いた彼は老人ゴンピルに拾われ、彼の息子ダルポとして生きる道を選ぶ。一方、離婚した父とともに祖父ゴンピルのもとにやってきた少女イナは、そこで”同い年の伯父” ダルポに出会い、一緒に暮らすことに。13年後、密かに想い続けるダルポは、放送記者を夢見るも嘘をつけない「ピノキオ症候群」という理由で試験に落ち続けるイナのため、一緒に放送記者を目指すことを決意する。紆余曲折の末、ダルポとイナはそれぞれライバル局の記者となるが、イナの母チャオクこそ。彼の家族を崩壊させた記者だった。さらに、ダルポは生き別れになっていた実兄と再会し…。

TSUTAYA先行で好評レンタル中

DVD-BOX1  好評発売中

DVD-BOX2  2016年2月2日発売

各18,000円(本体)+税

発売・レンタル販売元:カルチュア・パブリッシャーズ/セル販売元:TCエンタテインメント

© SBS

公式サイトはコチラ

パク・シネ ジャパンオフィシャルファンクラブはコチラ

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here