【韓流徒然日記】女子バレー、日韓仲良くリオ五輪決定!韓国メディア「韓国は日本のホームアドバンテージを実力で克服」

女子バレーボールの「2016リオ五輪世界最終予選」で韓国と日本がともに最終戦を残して本選出場を決めました。いずれも敗戦で本選出場を決めるというのは不本意だったとは思いますが、とりあえず両国代表おめでとうございました。

それにしても、スポーツの場合は日本と韓国が絡むとやはり知らず知らずのうちに燃えてしまいますよね。そういう方もきっと多いのではないでしょうか。ですが、どっちが勝っても負けてもいつも後味が悪いと思っていらっしゃる方も多いのでは。先日もサッカーACLで浦和対浦項で試合後に浦項の選手がピッチにテーピングをポイ捨てして乱闘騒ぎが起こったりもしましたけど、試合とは別の部分でもめごとがしばしば起こります。WBCの日韓戦で勝った韓国チームが東京ドームのマウンドに太極旗を立てたりしたこともありましたね。後味が悪くなる理由には韓国メディアの感情的な報道も一因がありますよね。普通の方にとっては不快に思う記事が多いのは事実だと思います。ですが、ひねくれものの私にとっては、ある意味「楽しい」記事です。ということで、最終予選に関する「楽しい」記事があがっていないか探してみました。

MKスポーツの記事より

日本のホームアドバンテージ払拭した韓国、実力で克服した

早い段階に予告された開催国日本のホームアドバンテージだった。 だが、韓国はキム・ヨンギョンを中心に選手たちのバランスの取れた活躍を通じて困難を克服した。特に「宿敵」日本を相手にした痛快な勝利は、リオ行きチケットと共に得た快挙だった。

韓国は21日、日本・東京で開かれた2016リオ五輪世界最終予選のタイ戦でセットスコア2-3で敗れた。予選1試合を残した状況で韓国は4勝2敗(勝点13)でリオ本戦行きを確定した。5位タイ(7試合勝点9)と6位ペルー(6試合勝点6)に逆転される状況はなくなった。

日本で開催される大会だけに韓国に不利な要素が多かった韓国は日程上強いチームと前半で正面対決する負担になりそうな日程を受け入れなければならなかった。ヨーロッパのチームであるイタリアとオランダに対戦した後、ホームチームである日本と正面対決した。半面、日本はイタリアとオランダと最後に戦う日程だった。

競技時間も不規則だった。韓国は午前と午後を交代しながら大会に臨まなければならなかった。ホームチームである日本はほとんどの夕方の競技日程で比較的安定的にコンディション調節が可能だった。韓国は日本との対決だけ夕方に競技を行うことがができた。

厳しい環境の中で韓国は初戦のイタリア戦に1-3で敗れた。イタリア戦での「オールイン」を宣言しただけに、痛恨の敗北だった。 だが、最も強いチームと評価されたオランダに3-0で完勝する反転を作った。

「宿敵」日本を重要な分岐点でぶつかる状況だった。韓国は日本を相手に第1セットをジュースとなる接戦の末に28-26で奪った。勢いに乗った韓国は3-1で日本を相手に痛快な勝利を収めた。以後連勝が始まった。韓国はカザフスタン、ペルーを破り、4連勝突っ走った。タイには惜しくも敗れたが、リオ五輪のチケットを握った。

「ワールドクラス」キム・ヨンギョンは連勝の立役者だった。攻守ですべての役割を引き受けたキム・ヨンギョン選手の存在感は圧倒的だった。 キム・ヨンギョンの負担を減らさなければならない課題も見事に消化した。 オランダ戦で反撃のきっかけを作ったパク・ジョンアカードがその例だ。ヤン・ヒョジンとキム・ヒジンも充実した活躍で攻撃ルートの分散に力を尽くした。若い血カン・ソフィとイ・ジェヨンも交替カードで適切に活用された。 何よりも日本のホームアドバンテージがある厳しい状況だった。このような環境の中、実力で目標を達成した韓国だ。

 

さほど「面白い」記事ではありませんが。せっかくなのでご紹介をしておきます。確かに競技時間は文句を言われても仕方ないですね。聯合ニュースTVをはじめ韓国の各メディアが指摘ていましたが、韓国の試合時間は次の通り。

第1戦 10:10
第2戦 15:40
第3戦 19:15
第4戦 12:55
第5戦 12:55
第6戦 10:10
第7戦 10:10

これに対して日本の試合時間は次の通りです。

第1戦 19:15
第2戦 19:20
第3戦 19:15
第4戦 19:20
第5戦 19:15
第6戦 19:20
第7戦 19:15

これはホームアドバンテージそのものです(笑)。

本番では両チームともメダルを目指して頑張ってほしいと思います。それにしても韓国のキム・ヨンギョン選手はすごかった。あと、いつものことではありますが、あのうるさすぎるアナウンサーたちはなんとかならないんですかね。

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here