【インタビュー】FTISLAND、自分たちの音楽スタイルを貫き通す「反抗児」

FTISLAND

FTISLANDをひとつの単語で説明しようとするなら「反抗児」だ。所属事務所と意見が合わなければ露骨に不満を表わし、アイドルにとってはタブーとされる私生活の話、特に恋愛話も遠慮なくさらけ出す。

音楽はますます大胆になっている。2007年に1stフルアルバム「Cheerful Sensibility」でデビュー、タイトル曲「恋煩い(LOVE SICK)」で大衆的な音楽をする「イケメンバンド」のイメージを構築した彼らが昨年発売した5thフルアルバムからはハードロックを前面に押し出した。「すべてぶち壊す」という意志だ。18日に公開された6thアルバム「Where’s the truth?」でさらに強烈になった。作詞、作曲、プロデュースまで制作全般にわたってメンバーが手掛けた。

FTISLAND2

これらに対するFTISLANDの考えは「これが私たちのスタイル」という短い言葉ですっきりと片づけられた。イ・ホンギは「従来のイメージは所属事務所FNCエンターテインメントが作ったものだと思う。満足とか不満足というよりは、それは私たちの姿ではない」と強調し、「その時はそうせざるを得ない状況だった。しかし、音楽を続けているうちに私たちがやりたいものができた。作ってみたかった。探していた色を探したので、以前の音楽とは違ったスタイルになった」と説明した。

彼らはやりたい音楽をするために所属事務所と繰り広げた”戦争”の過程についても率直だった。イ・ホンギは「内部的に所属事務所の上の方々と闘争をした。『Severely』以降、私たちが私たちの歌を作りたいという思いを話したが、会社からは『自分たちがやりたいと思う色と大衆性のある曲をやりながら自然に変化していく姿を見せようよ』って…。それで妥協して次のアルバムを出したが成績は良くなかった。それで私たちにも名分ができた。『もういい加減にして下さい。私たちは私たちの行く道を行きます』と主張し、会社もクールに承諾してくれた」と話して笑いを誘った。

FTISLAND4

もちろん大衆性に対する悩みは感じていた。イ・ホンギは「最も大きい悩みは大衆性と私たち望む方向の中間地点を探すことです。それが一生の宿題ですが、まだそれに対する解答は見つけられなかった。だから、とりあえず『私たちがやりたい音楽はこれです。どうですか?』とお見せする段階です。ある程度イメージを植えつけた後、もっと多様な音楽を聴かせたい」という率直な思いを伝えた。さらに、「この頃大衆の音楽指向が片側に偏ってしまっているようだ。多様性がない。それで『このようなロックはどうですか?』ということを見せてあげたいと考えた」と強調した。

やりたい音楽めたので、音源成績などにはあまりこだわらない。100進入すことぐらいが、らが今回のアルバムに関しててた素朴夢だとそれチャート名前せてこそ人々がもう音楽を聴いてくれるえたからだった。イ・ホンギ「うまくいった時のように『5位以内に入ろう』という思いはない。そんなことを目標にしてったアルバムではなく、ただ、このような音楽もたくさん聴いてもらえればという思いです」説明した。

FTISLAND0

また彼はは前回のアルバム音源成績歴代アルバム一番悪かった。ところが、音源成績いたすべてのものが上がった。ファンクラブの会員えたし男性のファンもえたり、アルバムもさらにたくさん売れた。コンサートしてもより多くの観客まる。だから会社も話す言葉がないということです。たちがった」い、自分たち選択したする満足した。チェ・ジョンフン会社期待をたくさんしている」と自信感を現した。

このように彼らはますます「バンド」としてのアイデンティティを確固たるものとしていた。それで、今回のアルバムじてもっとくの公演会場で、ライブじてファンたちにいたいという。イ・ホンギリアルなサウンドを現場は、キックの音から生き生きとしたサウンドじることになる。そしてその魅力から抜けられなくなる」公演の持つ魅力えた。

バンド音楽をする彼らに「夢の舞台」と呼ばれるロックフェスティバル出演については「出たいけど、出て行ける歌がない」と率直に打ち明けた。それは「昨年から私たちの歌を作り始めたからだ。日本で発売した曲を翻訳する方法もあるけど、それはやりたくない」といい、ゆっくり準備してしっかりとした姿を見せてあげたいとの希望を明かした。

FTISLAND終始一貫して率直だった。音楽するもそうだが、ボーリングにはまって最近好感って付き合った女性と別れたり契約期間われば、いくらでも会社を出ていくことができるなどといった敏感をありのままにけた。さらに、イ・ホンギ会社によくせようと努力する必要はない。らはがうまくいくため必要なためんだのだ。に頭を下げる必要はない」強調たりもした。

FTISLAND3

これは単純にデビュー9アイドルの「貫禄」だけでは説明できない、FTISLANDだけがった「色」であり「魅力」だった。彼らが構築した色は、今回のアルバムのタイトル「Where’s the truth?」とも完璧調和を作り出した。単純をあえて避ける彼らの「反抗心」ではない。デビュー以来ずっと自分たちのアイデンティティのことでんできたらの1結論だった。

チェ・ミンファンたちはバンドであるにもかかわらず、からボーカルが中心となることをたくさんやった。大衆音楽をやることが簡単だとえる大人たちと一緒にやりながら偏見が生じた。その偏見誤解を打ちることができる。わがくという意味だ。真実は私たちが直接す。助言してくれる方々はありがたいのですが、たくさんやってみたので、我々のやりく」自信たっぷりに話した

FTISLAND1

イ・ホンギたちはいつも最初ドアをぶち壊していったアイドルバンドほとんど最初で会社でもたちがめてしたグループだった。50以上までバンドとしてきながら、韓国のバンドとしてできる最初のものはすべてやってみたい。経験したが誰もいないじゃないですか。だから、余計助言をするつもりならば必要はない。たちが直接じてぶ」強調した。

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here