【インタビュー映像】OH MY GIRL、「完成度の高いアルバムが出せるように頑張ります」

OH MY GIRL

動画はコチラ

ガールズグループOH MY GIRLが色とりどりの鮮やかな韓服に身を包み、秋夕のあいさつを伝えた。

ジホは「昨年は秋夕の時は『CLOSER』の活動の1週間前だったので楽しむことができませんでした。でも、今年は『私の話を聞いてみて(A-ing)』の活動が終わった後なので楽しめそうです」と浮き立った表情を見せた。ミミは「今度は済州島に行きます。お母さんと親戚が済州島にいます。飛行機に乗っていきます」とうれしそうに話し、メンバーたちはみんな故郷に行くといい、「ソウルに家があるユアだけソウルにいます」と付け加えた。

秋夕の時に特別にあいさつをしたい身近な人物としては、B1A4とマンションの警備員を挙げた。ヒョジョンは「私たちのB1A4先輩にあいさつをしたいです。コンサートの時に来てくださったことにとても感謝しており、ごあいさつしたい」と事務所の先輩に感謝の気持ちを表した。さらに、「マンションの警備のおじさんにもあいさつしたいです。 ゴミの分別もたくさん手伝ってくれて…。生ゴミも最近たくさん捨てましたが、いつも助けてくれました。 靴下でも一足買って行って必ずあいさつしたい」と言って和やかさを醸し出した。

昨年の秋夕、チャート20位圏内に入ることを願ったOH MY GIRLは早くからこの願いを叶えた。8月に発売したサマースペシャルアルバムのタイトル曲「私の話を聞いてみて(A-ing))」は、主要音源チャート2位にランクインし、自己最高記録を塗り替えた。

「言った通りに」の力を感じた彼女たちは、それだけに新たな願いを祈ることに対してやや慎重な様子だった。悩んだ末にヒョジョンは「OH MY GIRLが賞をもらえば良いなあ。年末にパフォーマンス賞などを受賞したい。年末の授賞式でお会いできるように一生懸命に頑張ります」という願いを伝えた。

ジホは「OH MY GIRLが音楽番組で1位になれらら、その時の活動曲が何になっているかは分かりませんが、他のバージョンの活動曲を見せるのはどうかなと思います。まだアルバムの準備すらできていない状態ですけど、1位になった曲について、そのコンセプトとは異なるコンセプトのステージをお見せします」という公約を掲げた。

昨年4月にデビューしたOH MY GIRLは、4枚のアルバムとミニアルバムと1枚のリパッケージアルバムをリリースして休みなく活動を繰り広げてきた。アルバムを出すたびに良い成績がついてきており、これがデビュー1年4カ月目での「単独コンサート」につながった。認知度のアップについて、ジホは「実際のところ実感があまり湧きません。まだわかりません」と謙遜した。

スンヒは「両親から周りにOH MY GIRLを知っている人が多いという話を聞きました。周りで私たちの歌が流れるときは、気分がいいです」と話した。さらに、ヒョジョンは「私たちの歌がずっとチャートの上位圏にいました。何より、音楽を聴いてくれて、私たちの声をかわいがってくださって気持ちがいい」と付け加えた。

最近、サマースペシャルアルバムのタイトル曲「私の話を聞いてみて(A-ing)」の活動を終えたOH MY GIRLは当面、個別活動に集中する予定だ。

新アルバム、特にフルアルバムの発売と関連してヒョジョンは「フルアルバムはまだ不足している点が多いようです。メンバーたちと研究もたくさんして、練習も一生懸命にして完成度の高いアルバムが出せるように頑張ります」と話した。

ヒョジョンは「活動は終わりましたけど、メンバーたちが個人の活動を一生懸命にやっています。ソロ活動を通じてさらに多くの魅力を見せていきたい」といい、「また、イベントや様々な分野を通じて一生懸命に活動する予定ですので、たくさん見てほしいです」とは愛嬌あふれるあいさつを残した。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here