【インタビュー】待望の日本デビュー果たしたBoys Republic、「もっと上を目指して頑張ります!」

Boys Republic

5人組男性グループ、Boys Republicが9月28日、「Only Girl」で待望の日本デビューを果たした。抜群のビジュアルはもちろん、高い音楽性で日本女子を魅了する注目のボーイズグループだ。そんな彼らを都内の所属レコード会社で直撃! デビューと同時に公開された一夜限りの映像作品「Only Girl~first movie~」の裏話やハロウィンで挑戦してみたい仮装、そして12月に行われる「Boys Republic X’mas LIVE 2016 in JAPAN」など、たっぷり話を聞いた。彼らの魅力満載のロングインタビューをお楽しみください。

気分は最高…初心に戻るような気持ち

――韓芸報のインタビューに初登場ということで、まずは自己紹介とグループでの役割を教えてください

ソヌ「初めまして! 僕はAngelソヌです。チームではボーカルと男らしさを担当しています。よろしくお願いします」
ミンス「僕はチームでラップとダンスを担当している、セクシーミンスです。よろしくお願いします」
スウン「僕は末っ子のスウンです。ボーカルと…ダンスを担当しています!ありがとうございます」
ソンジュン「僕はソンジュンです。チームでラップとダンスを担当しています。よろしくお願いします」
ウォンジュン「こんにちは。チームでリーダーのウォンジュンと申します」

――日本デビューおめでとうございます。5月から準備していましたが、いざデビューして気持ちはどうですか? 韓国デビューとは全く違うと思いますが比較しながら教えてください

ミンス「気分は本当に最高です。なんだか初心に戻るようなそんな気持ちですね」
ソヌ「韓国デビューからは3年以上経ちますよね」
ソンジュン「そのときと本当に気持ちは変わらないです。新たにデビューするという意味でやはり『もっと頑張らなきゃ』と思いますね」
ウォンジュン「でも違いもあります。韓国では音楽番組に出ることが中心ですが、日本では公演やリリースイベントなどを行ったりします。そして日本語の勉強もさらに力が入りました」
ソヌ「以前日本に来た時に比べても日本語は上達したと思います」

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here