【インタビュー】「獣電戦隊キョウリュウジャーブレイブ」出演のApeaceソンホ&セヒョン、「力を合わせて頑張ったので、ぜひ観てほしい」

2013年に放送され、世界各国で大人気を博した「獣電戦隊キョウリュウジャー」が、オール韓国人キャストで蘇り、韓国で4月1日から「獣電戦隊キョウリュウジャーブレイブ」のタイトルで放送されるや人気が爆発、同14日からは日本でもバンダイ公式YouTubeチャンネル、東映特撮ファンクラブで配信されている。MYNAMEのセヨン、大国男児のインジュン、CROSS GENEのセヨンといった日本でもおなじみのメンバーとともに戦隊ヒーローを演じているのが、やはり日本で活躍するApeaceのホン・ソンホとオ・セヒョンだ。ヒーローのイメージにぴったりな2人を日本で直撃! 番組の裏話などいろいろと話を聞いた。(Text&Photo by Aaru Takahashi )

——オーディションがあったと聞きましたが、その経緯を教えてください
ソンホ「会社から指名されました!(笑)」
セヒョン「たぶん、芝居に興味があったり、これまで芝居経験があったり、『できそうだな』というメンバーが選ばれたんだと思います」

《セヒョンが演じるブレイブキョウリュウブルーは、アイドルグループ「スーパーボーイズ」の一員。キザで美意識が高く、スマートな戦い方が信条のハンサムボーイ。ソンホが演じるブレイブキョウリュウブラックは、本職は警察官で、怪力の持ち主。ルールに厳しい体育会系な青年で、融通の利かないところがあるが、心はやさしい》

——役柄で、ソンホさんは警察官、セヒョンさんはアイドルという職業も演じていますが、ご自身と比べて共通する部分、違う部分はありますか?
ソンホ「普段のApeaceのグループでも立場は『お兄さん』なので、弟分たちを厳しく叱る事もあります。そういう所はブラックと共通する部分だと思います。そして、違う部分はブラックはずっと怒ってるんです。僕は普段は楽しくて『たまに』怒るんです!」(笑)
セヒョン「ブルーと僕は似ているところはないです」

——Apeaceでは「王子様」のキャラクター担当と聞きましたが…
セヒョン「アイドルということは一緒ですが、ブルーは王子様というよりナルシストで『自分が一番』という考え方なので違うと思います(笑)」
ソンホ「一見似てそうに見えますが、実際のセヒョンの中身は温かくて男らしいですし!」
セヒョン「7話あたりでナルシストだけのように見えるブルーが大きな行動に出る場面があるんです。そういう所に関しては『言うときは言う、やるときはやる』という点で共通するかもしれませんね」

《同作品には2人以外にも日本で人気のアイドルたちが出演。とにかく強くて、明るく、困難があればあるほど笑顔になる頼もしきリーダー、キョウリュウレッドをMYNAMEセヨンが、大金持ちの御曹司で、甘えん坊なところのある現代っ子だが、集中するとすさまじい能力を発揮する銃の使い手、キョウリュウグリーンを大国男児のインジュンが、そして、一匹狼の宇宙傭兵で、1人でキョウリュウジャーブレイブの5人に匹敵するほどの圧倒的な力を持つキョウリュウゴールドをCROSS GENEのセヨンが演じている。》

——他の出演者の方について、役柄と普段と共通する部分や違う部分は?
ソンホ「グリーンのインジュンは役柄と本当にそっくりそのままだと思いました! ちなみに僕は普段、面白い事も言うので、グリーンとブラックの半分半分かな?!(笑)」
セヒョン「レッドのセヨンはふざけるところがあるので、やっぱりちょっとグリーンのキャラにも似ていると思います」
ソンホ「そうだね。セヨンは現場でもふざけて、ひとり怒られていたこともあったよね(笑)」
セヒョン「ゴールドのセヨンお兄さんは優しいお兄さんで見守っていてくれるタイプなので、役柄とは全く違いますね」
ソンホ「うん、優しい〜〜〜本当に優しい、そのまま!」

——日本と韓国、両方で撮影などなさったとききました。どのようなスケジュールでしたか?
ソンホ「はい…一番大変な時期でした。定期ライブもあったし」
セヒョン「これから上映されるApeaceとして出演する映画の撮影もありました」
ソンホ「イベントもあったし、本当に寝られない時期がありました」
セヒョン「1日3時間も寝られなかったよね」
ソンホ「1話の顔ヤバいです(笑)」

——お二人が最も気に入っているシーンや部分はどこですか?
セヒョン「やはり僕は7話です!! ぜひ僕の演技をみてくださいね^^。あとは、『ツライラ』というかわいいキャラクターも出てくるので、こちらも注目してほしいです。敵キャラですがかわいいんですよ」
ソンホ「初めて5人が揃うシーンです。第2話だったかな。レッド、ブラック、ブルーの3人がダンスで戦う殺陣のシーンがあるのですが、そこがカッコイイんじゃないかなと思います。寒かったのも記憶に残っています^^」

——ほかのキョウリュウジャーキャストの方々も日本活動をされているかと思いますが、これまでプライベートでこれまで接した事はありましたか? また、今回一緒に「キョウリュウジャー」となったことについてどう感じましたか?

セヒョン「実はプライベートでこれまで会った事はないんです。何組かのグループが出演する公演で偶然一緒になって、挨拶したりといった程度です」
ソンホ「Apeaceのメンバーとインジュンは仲が良くて交流があるみたいなのですが、僕は特にこれまで接点はなかったんです」

——撮影が終わってからは連絡したりすることはありますか?

ソンホ「いいえ(笑)。僕たちの仕事はそれぞれ生活の時間帯も違うしタイミングを合わせるのが難しくて(笑)。MYNAMEとはコンサートで一緒になったりすることも多いので会いました。あ、セヨンお兄さん(CROSS GENE)とは一度会いましたよ^^」

——これから「獣電戦隊キョウリュウジャーブレイブ」を観る方に向けて、ひとことメッセージをお願いします

セヒョン「前回の『獣電戦隊キョウリュウジャー』は日本でも韓国でも大人気だったのですが、今回もそれに負けないくらいにスタッフもキャストも力を合わせて頑張ったので、ぜひ観てほしいなと思う作品です!」
ソンホ「今回の僕たちが演じた『獣電戦隊キョウリュウジャーブレイブ』は短い(1話15分)じゃないですか。これは良いところも悪いところもあるからどっちとも言えないんですが、短い分だけ早く(気軽に)観て頂けるかもしれません(笑)」

——ありがとうございました!

2人「ありがとうございました!!!」

 

Apeace プロデューサーに東方神起やBoAを発掘し育て上げたキム・ギョンウク氏を迎え、2010年に結成された超大型K-POPエンタテインメントグループ。2011年に21人組としてデビューし、同年5月から東京・恵比寿の専用劇場K THEATER TOKYOでロング公演を開催して人気を集めた。2014年7月からグループ体制を15人に変え、個々の魅力を活かし、よりパフォーマンス力に磨きをかけている。現在は11人で活動中。

「獣電戦隊キョウリュウジャーブレイブ」のオフィシャルサイトはコチラ


(C)2017 東映

プレゼント 本サイト読者2人にサイン入りチェキをプレゼントします。希望者はTwitterのアカウント@KEnewsdailyをフォロー&記事をリツイートしてください。当選者にDMをお送りいたします。なおプレゼントの発送先は、日本国内のみとさせていただきます。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here