G-DRAGON、「来年軍隊に行きます」 T.O.Pについては言及せず

BIGBANGのG-DRAGONが10日午後、ソウル・上岩(サンアム)ワールドカップスタジアムでソロワールドツアー「ACTⅢ,M.O.T.T.E」のソウル公演を開催した。国内外から4万人余りのファンが駆けつける中、2時間15分にわたって24曲を披露、完全燃焼のステージを披露した。

オープニングでG-DRAGONは、ステージ中央に浮かぶように高く上がった小さな四角形のステージに登場、コンサートの幕を開けた。華麗な映像効果が会場の熱気を引き揚げる。「HEARTBREAKER」を華やかなダンスとともにパフォーマンスすると、「BREATHE」「少年よ」と続けた。

オープニングステージが終わると、ファンに向かって「本名はクォン・ジヨンです」と自分を紹介。さらに、最近発売した新アルバム「クォン・ジヨン」に触れ、「私の本当の姿であるクォン・ジヨンという友達はどんな子供だったのか、私を振り返る時間だった」とアルバム制作の日々を振り返り、今回のコンサートも自分の本当の姿を最大限見せるために努力したことをアピールした。「自分は華やかで誇張されたイメージの歌手だと思います。それで公演の最後ではより一層(華麗さを)取り去ったクォン・ジヨンの姿を見せることが目標でした」と今公演の意味を明かした。

ライブは「BUT I LOVE YOU」「OBSESSION」「ミチGO」「ONE OF A KIND」 と続く。華麗な振り付けやパワフルな歌で客席を魅了、ファンの歓声が夜空に響きわたる。「OBSESSION」を歌う際には女性ファンがステージに乱入するハプニングも発生。女性がG-DRAGONに抱き着くなど突発的な行動をしたが、G-DRAGONは冷静に対処して歌い続けた。

「R.O.D」では元2NE1のCLがゲストとして登場。「THE LEADERS」も一緒に熱唱して会場を沸かせた。さらにIUがサプライズゲストとして登場、G-DRAGONがフィーチャリングで参加した「PALETTE」を歌い始めると、途中からG-DRAGONが加わり、声を重ねた。同曲のリリース後、初のコラボステージで、ファンにとってはビッグなプレゼントとなった。

歌い終えると、G-DRAGONはIUから焼酎がぎっしりつまった冷蔵庫をプレゼントされたことを告白。「軍隊に行く前までに飲んでくださいと焼酎を送ってくれました。きょう終わってから飲まなければ」と笑わせた。続けて「MISSING YOU」もデェエットした。

再びG-DRAGONのステージに戻り、「TODAY」「CRAYON」、アルバム「クォン・ジヨン」から、「SUPER STAR」「BULLSHIT」、そしてラスト曲「OUTRO」を披露した。

最近起こったT.O.Pをめぐる一連の騒動に対する言及はなかった。G-DRAGONと共に約10年間、BIGBANGののメンバーとして活動してきたT.O.Pは昨年10月に大麻を吸引した事実が今月1日に報じられ、大衆の批判を一身に浴びた。T.O.Pは現在、麻薬類管理に関する法律違反容疑で在宅起訴され、29日に初公判を控えている。6年前に同じ容疑で起訴猶予処分を受けた経験があるG-DRAGONがBIGBANGのリーダーとして今回の騒動について言及するか注目された。

だが、G-DRAGONは「今回の公演準備しながらいろんな事があり、精神的にも肉体的にも本当に難しかったけど、皆さんのおかげで良い知らせ(音源チャート1位席巻)を聞いて、無事に公演ができるようになって感謝しています」と遠まわしに触れただけだった。

アンコール曲は「THIS LOVE」「CROOKED」「無題」を歌い、会場のボルテージは最高潮に達した。「私たちYGファミリー、BIGBANGのメンバーたち、私を生んでくれた両親、この席を共にしてくださったV.I.P(BIGBANGのファン)の方々すべてに感謝します」と素直な思いを伝えた。また「来年に入隊します。だから今回のコンサートが本当に最後かもしれません。除隊したら僕は32、33歳になります。大丈夫でしょうか?」と軍入隊にも言及した。

G-DRAGONはソウル公演を皮切りに、アジア3都市、北米8都市、オセアニア4都市、日本3都市の計19都市でツアーを継続する。

※写真はYGエンターテインメント

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here