【インタビュー】チャン・ヒョク、20年後の役者像は「競馬場で走る馬よりも広い草原を自由に駆け回る馬でいたい」

ドラマ「客主」「運命のように君を愛してる」などの作品で日本でも根強い人気を誇るトップスター、チャン・ヒョク(40)が主演したヒーリング・ラブストーリー「ビューティフル・マインド~愛が起こした奇跡~」のDVDがNBCユニバーサル・エンターテイメントより好評リリース中だ。本作は、大ヒットドラマ「トキメキ☆成均館スキャンダル」の脚本家キム・テヒが、「トキメキ〜」以来6年ぶりに脚本を執筆。細部までこだわり抜いたキム作家の筆致が随所で発揮され、クオリティの高いシナリオが完成した。その緻密な脚本に惚れ込み、演出を手がけたのは、瞬間最高視聴率51.4%を叩き出したヒット作「笑ってトンへ」のモ・ワンイル。最強の脚本家×演出家ドリームチームにより、チャン・ヒョク演じる他人に共感できない天才医師が、愛の存在を知ることで人して大切なものを手に入れていく奇跡のヒーリング・ラブロマンスは必見だ。そんなチャン・ヒョクのインタビューが到着した!

典型的キャラクターから抜け出せた

––このドラマに出演した感想は?
「最初にドラマのシナリオを読んだ時、特殊なキャラクターだと感じました。主人公は前頭葉障害により感情を感じられません。医師という仕事を通し、自らを取り戻していく姿をどう演じようかと、好奇心が湧きました。『シザーハンズ』に少しイメージが似ています。感情をうまく表現できないばかりに人々の誤解を招いてしまうんです。その結果孤独に生きることになってしまった人物が、大切な人と出会って変わっていく、そういう設定が面白くて出演を決めました」

––主人公イ・ヨンオ役について簡単に紹介してください
「ヨンオは子供の頃に受けた手術のミスや心理的なトラウマのせいで、前頭葉に異常が生じてしまい、感情を感じられないのですが、普通の人間になりたいと願う人物です。“感情を持ち、周りの人々と心を通わせたい”そう望みながらも共感する能力がないため孤立してしまっています。そんなアウトサイダーですが技術的には非常に優秀で、まるで機械のような医師です」

––ヨンオというキャラクターの魅力は?
「無感情な人物だからこそ淡泊に演じられました。大げさな感情表現はしませんでしたね。設定自体が極端な感じだったこともあって、典型的なキャラクターから抜け出せました。ですが視聴者が共感できてこそヨンオの魅力となると思ったので、どうやって表現するかが難しかったですね」

––演技の参考にした作品やキャラクターは?
「特に1つの作品ということはないですね。以前『依頼人』という作品でサイコパスの要素を持つ人物を演じたので、その時に勉強のために本を何冊か読みました。それから医師役は『ありがとうございます』でも経験があります。今回は殺人犯の役ではなく、殺人を犯したかもしれない容疑者であって、実際の加害者ではないんです。例えば純粋さの部分は『シザーハンズ』を参考にしましたね。もともと このドラマのタイトル案が『フランケンシュタイン』だったんです。そういう要素では『ウォーム・ボディーズ』も共通していますよね。SFではありませんが、異質な要素を持つ医師が人々と出会い 変わっていくストーリーなので、複数の作品から少しずつ参考にしました。また、神経外科医の役なので専門家にアドバイスをもらったりしながらいろいろ準備しました」

(2に続く)

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here