チェ・ドンフン監督の新作「盗聴」スタッフが一旦解散! キム・ウビンのがん完治まで製作延期

チェ・ドンフン監督が新作映画「盗聴」の製作を主演陣に名を連ねていた俳優キム・ウビンのがんが完治するまで延期することになった。

映画関係者によると、チェ・ドンフン監督と製作会社は「盗聴」撮影に向けて団結したスタッフと俳優たちを最近になって解散させた。当初は8月にクランクインするためスタッフを集め、出演陣を確定しての準備していた。

そうした中、主演陣の一人であるキム・ウビンが上咽頭がんの診断を受けて治療に入ると、完治するまで映画製作を延期することに決めた。

「盗聴」はチェ・ドンフン監督が「暗殺」の次期作として準備した映画。香港映画「盗聴犯 ~死のインサイダー取引~」のリメイク作品で、不正な株取引の疑いがある企業の経営陣を警察が盗聴することから巻き起こる事柄を描く。キム・ウビンをはじめ、イ・ジョンジェ、キム・ウィソン、ヨム・ジョンアらが出演を確定していた。

製作会社とチェ・ドンフン監督はキム・ウビンの闘病の知らせに相当な衝撃を受けたとみられる。監督はキム・ウビンを考えて映画を準備したため、彼以外の俳優をまったく念頭に置いていないという。このためキム・ウビンが完治するまで、映画製作を先送りすることにした。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here