チャン・グンソク、「入隊前最後の作品になるだろう」 ドラマ「スイッチ」記者懇談会に出席

人生に残るようなキャラクターを

俳優チャン・グンソクが28日午前、ソウル・木洞(モクトン)SBS社屋で開かれた新水木ドラマ「スイッチ-世界を変えろ」の制作発表会に共演のハン・イェリ、チョン・ウンインらと出席した。

チャン・グンソクは作品のハイライト映像を視聴後、記者たちと懇談。現在30歳になったが、まだ兵役を終えていないことから、記者からは「『スイッチ』が入隊前の最後の作品か?」という質問に対して「たぶん、このドラマが入隊前最後の作品になるのではないかと思う」と明かした。「なので、責任感も大きく、ワンシーン、ワンシーン、撮影する度に集中しながら心の準備をしている。人生に残るようなキャラクターを演じるため、心の準備をこつこつとやっている」と説明した。

チャン・グンソクは、劇中、司法試験を準備するほど優れた頭脳もちながらも検事になれなかった天才詐欺師サ・ドチャンと正義の検察官ペク・ジュンスの一人二役をこなす。28日午後10時スタート。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here