貨物車両と衝突

アイドルグループO2R出身のキム・ジェグンさんが交通事故で死亡していたことが13日、分かった。38歳の若さだった。3年前には夫人ががん闘病中に急性敗血症の合併症を起こし死亡しており、6歳の息子だけが残され、周囲の悲しみを誘っている。

スポーツ京郷が報じたところによると、キム・ジェグンさんが先月30日午前、仁川市西区で自身の車を運転していた中、対向してきた貨物車両と衝突したと報じた。

キム・ジェグンさんは1999年に5人組のアイドルグループO2Rのメンバーとしてアルバム「Operration To Ready」デビューし、優れたビジュアルで注目された。YTC(YOUNG TURKS CLUB)のパク・ソンヒョンが所属するグループとしてもよく知られていた。だが、これといった反応を得ることができず、デビューと同時に解散となった。

キム・ジェグンさんはダンサー&VJに転向。結婚後はカメラマンとしてSBS「百年のゲスト」の外注スタッフ(VJ)として働いていた。

6歳の息子は故キム・ジェグンさんの父親が面倒を見ているという。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here