キム・ヒョンジュン、4年ぶりドラマ出演を検討中 トラブル続きに「時期尚早」との声も

 

SS501出身の俳優で歌手キム・ヒョンジュンが4年ぶりにドラマ復帰を検討していることが26日、明らかになった。

所属事務所キーイーストによると、キム・ヒョンジュンはドラマ「時間が止まるその時」への出演提案を受けて検討中だ。実現すれば、KBS 2TV「感激時代~闘神の誕生」以来4年ぶりのドラマ出演となる。キーイーストと再契約を結んだばかりで、同社は全面支援を約束していた。

ただ、2014年には、前恋人Aさんと妊娠・暴行などの問題で法廷攻防を繰り広げており、関連訴訟は現在も進行中だ。昨年2月に除隊すると、同3月に飲酒運転容疑で摘発・起訴され、罰金200万ウォンの略式命令を受けるなどトラブルが続いており、「時期尚早」との声も大きい。

キム・ヒョンジュンはAさんを暴行した事実を認めており、飲酒運転も事実だ。つまり道徳的な欠陥を露呈したわけでもある。さらに、長びく法廷闘争とその過程で見せたその素顔は、「感激時代~闘神の誕生」や「花より男子~Boys Over Flowers」などで見せたイメージとははっきりと異なっており、致命的な失望感をファンに与えてしまった。

しかも今回検討している作品がロマンス物で、演じるキャラクターが愛を通じて成熟する男性の話であることが報じられると、大衆は「恋人を殴っておきながらロマンス? 役柄に没入できるの?」などと激しい非難の声を浴びせている。

果たしてドラマ復帰は実現するのか?

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here