人気YouTuberのヌード写真流出事件で橋から投身自殺図ったスタジオ室長の遺体を発見!

人気YouTuberヤン・イェウォンのヌード写真流出事件をめぐり、取り調べを受けていた写真スタジオ室長A氏が9日に橋から身を投げ行方不明になっていたが、12日に遺体が発見された。

ソウル地方警察庁はこの日午前7時40分ごろ、京畿道九里(キョンギドクリ)市の岩寺(アムサ)大橋付近でA氏とみられる遺体を発見したという。

警察の関係者は「工事をしていたはしけ船の関係者が遺体を発見し、通報した。警察が現場で身分証を発見し、A氏の身元を確認した」と語った。

A氏は今月9日午前9時20分ごろ、京畿道南楊州(キョンギドナムヤンジュ)市にある渼沙(ミサ)大橋から飛び降りたとみられる。近くに停車していたA氏の車から遺書(A4用紙1枚)が発見された。遺書には「警察が私の言葉を聞かず、被害者(ヤンさん)の証言ばかりを聞き入れている。悔しい」という内容が書かれていたという。

A氏は、非公開でヤン・イェウォンの撮影会が行われたスタジオを運営していた。ヤン・イェウォンら被害者たちは、撮影の際、A氏からヌード撮影をしたいと要求され、わいせつ行為を受けたと主張している。

A氏は飛び降り自殺を図った9日、ヤン・イェウォンのヌード写真流出事件をめぐり警察に出頭を求められていたが、取り調べにプレッシャーを感じ、極端な行動に走ったのではないか、と警察ではみている。

捜査を行ってきた南楊州警察署は、鑑識などを経て最終的にA氏の死亡が確認されれば、「公訴権なし」として捜査を打ち切る方針だ。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here