イ・ビョンホン脅迫で有罪判決のGLAMダヒ、映画「転校生」でスクリーンデビュー

イ・ビョンホン脅迫事件で有罪判決を言い渡されたガールズグループGLAM出身のキム・シウォン(当時はダヒ)が映画「転校生」の主演に抜擢され、スクリーンデビューすることが18日、明らかになった。

同映画は「ゲート」「報復者」などを手掛けたシン・ジェホ監督がメガホンを取り、先週、クランクインした。現在、ソウル某所で撮影を続けている。キム・シウォンをはじめアン・ヨンジュン、キム・ドフンらが主人公にキャスティングされた。キム・シウォンは劇中、殺人事件に巻き込まれて罪悪感を感じるイルジン(学校内暴力サークルであるイルジンフェのメンバー)・ソウン役を演じている。キム・シウォン2013年tvNのドラマ「モンスター」で演技経験がある。

キム・シウォンは2014年6月、モデルのハン・スミン(本名・イ・ジヨン)と知人の紹介で数回会ったイ・ビョンホンに、わいせつな会話の映像の一部を見せ、50億ウォンを要求した。これに対してイ・ビョンホンは即時警察に告訴し、2人は恐喝未遂の疑いで9月に拘束された。一審でキム・シウォンヒは懲役1年の実刑判決が言い渡された。

控訴審でキム・シウォンは「被害者と被害者の家族たちに被害を与えて申し訳ない。愚かな行動だった」などと涙を流しながら謝罪し、計19回反省文を提出。その後、保釈申請許可により拘束から6カ月ぶりに釈放され、控訴審判決では懲役1年執行猶予2年を言い渡された。

キム・シウォンは今年5月1日にAfreecaTVのBJに復帰。その時から、キム・シウォンという名で活動している。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here