B.A.Pが、6人全員で一緒に舞台に立つコンサートは今回が最後になる可能性を示唆し、涙を流した。

B.A.Pは21、22日の両日、ソウル・漢南洞(ハンナムドン)のブルースクエアアイマーケットホールで「B.A.P 2018 LIVE LIMITED IN SEOUL」を開催した。

2012年のデビュー曲「WARRIOR」を皮切りに「ONE SHOT」「NO MERCY」「Young,Wild&Free」「HANDS UP」などパワフルなステージでファンを魅了した。

公演の終盤になるとヒムチャンは「僕たち6人の(TSエンターテインメントとの)契約期間がもうすぐ終わります。契約期間が全員違い、終了する時点も違うので、6人のコンサートは今日が最後になるかもしれない」と切り出した。6人による公演はまだ残っているが、コンサートは今回が最後になるかもしれないという言葉に、会場を埋め尽くしたファンは涙を流した。

ヒムチャンは「一緒にする日はまだたくさん残っている。新しい道を再び歩こう」と呼びかけ、ヨンジェは「確実に決まったことではなく、僕たちもたくさん話し合っている」と言いながら涙を流した。

公演後バン・ヨングクはSNSに「愛している」という文を残しファンに愛情を見せ、デヒョンは「僕は死ぬまでBABY(ファンクラブ)と幸せに歌うよ。ありがとう」とファンたちを気遣った。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here