キム・ギョンホ、日本人の妻と6月に離婚していた! 「性格、文化の違い」

歌手キム・ギョンホ(47)が、結婚4年で日本人の妻と合意離婚していたことが6日、明らかになった。

所属事務所プロダクションLEE HWANGは6日、「キム・ギョンホが6月、妻と合意離婚した。日本人の妻との性格の差と文化的な違いがあった」と離婚の理由について説明した。

キム・ギョンホは2014年11月8日、知人の紹介で知り合った13歳年下の日本人女性と4年交際の末に結婚した。しかし、性格と文化的な違いなどを克服できず、結局それぞれの道を選んだ。

1995年、1stフルアルバム「最後の祈り」でデビューし、「私を悲しませる人たち」「親父」「ワイン」などのヒット曲で人気を集めている。

キム・ギョンホは25日、京畿道高陽(キョンギドコヤン)市オウリムヌリにあるオウリム劇場で単独コンサート「COMBAT」の公演を控えている。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here