「PRODUCE48」から誕生「IZONE」、センターはチャン・ウォニョン! 日本勢は宮脇咲良ら3人

「PRODUCE48」からまた新たな強力なアイドルグループを誕生させ、大団円を迎えた。

31日夜に放送されたMnetのバラエティー番組「PRODUCE48」の最終回生放送では熾烈なサバイバルの中、国民プロデューサーの投票によりデビューする練習生12人の名前が公開された。

メンバー発表の前にグループ名が、国民プロデューサーたちの意見によって、「IZONE(アイズワン)」に決定した。12人の少女たちが1つになる瞬間などの意味が込められている。

MCを務めるイ・スンギから最初に名前を呼ばれたのは11位のキム・ミンジュ(Urban Works)。一緒に戦ってきたファイナリストたちから祝福を受けたキム・ミンジュは涙をこぼしながらもしっかりと喜びをかみしめた。

続いて10位にランクインしたのはWoollimエンターテインメントのキム・チェウォン。9位にはAKB48の本田仁美がランクインした。本田は韓国語で自己紹介した後、「100日間すごく逃げ出したい気持ち、投げ出したい気持ちもありましたが、最後まで頑張ってよかったです」と笑顔を見せ、最後は韓国語で「ヨルシミハゲッスムニダ(一生懸命頑張ります)」と喜びを爆発させた。

8位には8d Creativeカン・へウォン、7位にはWoollimエンターテインメントのクォン・ウンビがランクインした。6位はHKT48矢吹奈子。「最初はFランクから始まって、デビューなんて夢のまた夢と思っていたから、ここに立てていることが信じられません。今は本当に夢じゃないですよね。信じられないです」と涙を浮かべながらも最高の笑顔を弾けさせた。

5位にはStarshipエンターテインメントのアン・ユジンが入った。4位はYUEHUAのチェ・イェナ、3位はSTONE MUSICのチョ・ユリ。感激のあまり崩れ落ち、号泣した。

ここで1位候補が発表され、HKT48の宮脇咲良とSTARSHIPチャン・ウォニョンの名前があがり、この時点でデビューメンバー入りが決定した。最終発表前に宮脇は「1位候補に選んでいただけでもうれしいです」と緊張の面持ちを見せた。

緊張感が高まる中、1位に輝いたのはチャン・ウォニョン。信じられないという表情で口を覆った。惜しくも2位となった宮脇はまず韓国語で国民プロデューサーに感謝し、一緒に戦った練習生やスタッフにも感謝の気持ちを伝えた。そして、「まだまだ未熟なところばかりなんですけれども、このグループでいっぱい努力してたくさんの人に愛されるようなグローバルアイドルになりたいと思います。これからも応援よろしくお願いします」とさらなる飛躍を誓い、最後は韓国語で、「これからも見守ってください」と呼びかけた。

12位でランクインしたのはWMエンターテインメントのイ・チェヨン。ギリギリで滑り込んだ。これまで上位に食い込むなど活躍を見せていたAKB48宮崎美穂、Pledisのイ・カウンは惜しくも落選した。

この日、スタジオには「プロデュース101」から誕生したWanna OneやI.O.Iのキム・セジョン、チョン・ソミ、チェ・ユジョン、キム・ドヨン、カンミナ、ユ・ヨンチョンらも駆けつけ、注目を集めた。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here