SUPERNOVA、改名後初のツアー完走! 「SUPERNOVAは今から。一緒に作って行きましょう」

超新星から改名し、新たなるステージをスタートさせた、韓国出身ボーカル&ダンスグループのSUPERNOVAが、23日、神戸国際会館こくさいホールで、改名後初ツアーのファイナル公演を迎えた。

今回のLIVEツアー「2018 LIVE TOUR『SUPERNOVA-01』-TOMONI-」は、9月17日の東京国際フォーラムホールAを皮切りに、名古屋、大阪、神戸と、4カ所6公演を開催。東海地区・関西地区でのライブは、グループとして3年ぶりに訪れたという。 

オープニング・テーマはサーカスをイメージ。ピエロのようにカラフルな衣装を身にまとい仮面マスクをつけてメンバーが客席から登場するというサプライズからライブは始まった。一人ずつの自己紹介の際の仮面をとる仕草には、ファンから歓声が巻きおこり、リーダーユナクは、「心わくわくします。ツアーのオーラスを関西で迎えることは初めてです。最後まで楽しんでください」とあいさつした。

続いて「Are you ready?」「Shining☆Star」を披露し、会場は一瞬にしてひとつになった。

今回、Milky(ファン)から、リクエスト曲+メッセージを事前に募集。エピソードと共にアコースティックギターにのせてリクエスト曲を披露する「MILKY’S PICK」と名付けられたコーナーは、彼らにとって新しい挑戦となった。各会場、異なる選曲で構成され、ファンを楽しませた。

ライブの中盤では、11月6日に発売する新曲「Chapter Ⅱ」をリリースに先駆けて披露。激しいダンスパフォーマンスでファンを釘づけにした。
 
今回の新曲は、タイトル通り彼らの第2幕を象徴する内容の歌詞で、超新星時代からのトレードマーク“星”を取り入れた“星ダンス”と“ピアノダンス”が注目ポイントとなる。

パフォーマンス後には息を切らせながらジヒョクは、「本当にこの曲ヤバイです」「次回からは、一緒にこの星ダンスをみんなで一緒にやりましょう!」と客席にアピールした。

メンバー、一人一人のあいさつでは、ツアーを開催できた喜びとファンへの感謝の気持ちを伝えた。

ゴニル「1週間で6公演という大変なスケジュールのツアーでしたが、無事に終われてよかったです。 またひとつ思い出が増えました」

ジヒョク「神戸は3年ぶり、最後の公演が神戸でできてうれしかったです。僕たちが皆さんを守るから信じてください!」

ソンジェ「名前が変わって初めてのツアーなの、すごく不安がありましたが、皆さんのおかげでここまでこれました。SUPERNOVAは今からだと思います。一緒に作って行きましょう。皆さんと僕たちは一緒だから!」             

グァンス「皆さんはオレ達にとって最高の存在で、みなさんに生かされていると思った1週間でした。次にまた会うときまで11月6日発売の『Chapter Ⅱ』の応援よろしくお願いします」

ユナク「僕にとって意味のあるライブでした。1から最後まで僕の手を通ってメンバーと一緒に作り上げました。メンバー、そしてライブに来てくれたファンの皆さんに感謝しています」

この日ファイナルとなる神戸では、観客そしてメンバーの熱が冷めず、異例のダブルアンコールが実施され、「Shining☆Star」を会場と熱唱して幕を閉じた。

今回のツアー全会場で、来場した観客全員をハイタッチでお見送りした。これは、ファンとの再会、そして、これからもずっと共に歩んでいく約束、感謝の気持ちを近くで伝えたい、と、メンバーたっての希望により実施された。

今回のツアーでも披露した新曲「Chapter Ⅱ」を11月6日にリリース。そして、デビュー周年イベントとして11月9、10日の2日間「★博9」を東京・両国国技館で開催する。今後の活動スケジュールが続々発表となり、ますます勢いづきそうだ。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here